筆者なりに、人を無能化させない組織を考えてみた。処方箋の例を挙げると、次の通りである。

・職位をたくさん作らない(フラットな組織)。
・その職位で功績を挙げた人は昇進させない。
・昇進させない代わりに給料を上げる。
・一方、その職位で「無能レベル」な人は、降格させるか、または昇格させる。
・昇格させても、給料は上げない(むしろ下げる)。
・降格しても昇格しても「無能レベル」なら、その人は真の「無能レベル」か(理解不能な)天才。
・真の「無能レベル」は排除するしかない。

これは俺も悪いんだけど、ずいぶん前の話。
予定外に早く帰宅&後輩連れ帰るコールした。
家に向かうバスの中で必死の形相で自転車こいでる嫁を発見した。
自転車の前かごにねぎ二本その他、鹿の角みたいにさしてすっぴんジャージ。
俺達の乗ったバスを追い抜こうと猛チャージしてる姿を後輩に見られた。
二人でできるだけゆっくり歩いて家に入ったら化粧ばっちりでさも何事もなかったように玄関に来て、
台所へいく後姿を見て驚いた。スカートの後がめくれて膝までまくったジャージがあらわ。
「ちょうどよかったわ。今夜はお鍋だったんですよ」(いや、必死でねぎ買ってたの見たってば)
3人でつつがなく鍋も終わり、後輩をバス停まで送っていった。
「いい奥さんですね。今度はちゃんと約束してからお邪魔します。…玄関の傘のところに大根ささってましたね」
と後輩はちょっと申し訳なさそうに、そして半笑いで帰っていった。
急なことだったけど嫁は全然怒らなくて機嫌もよかったんだけど、
傘たての大根だけは笑わせてもらった。

コピペ運動会 - No.12968 傘立ての大根 (via pdl2h) (via yu5yam)

いい奥さんだなぁ。

(via norito)

(via zbpt) (via gkojay) (via gkojax)
先日、ネット上で若い母親が「父親が毎日23時帰りの激務」と書き込んだのに対し、同世代の男性が「23時帰りは激務ではない。むしろ早い方だ」とコメントしているのを目にした。幼い子どもを持つ父親が23時に帰宅することを嘆くことすら批判の対象となる日本はどこかおかしい。
「ヤンキーは先生に反抗するが、反抗するってことは基本的には先生の権威に価値を認めてるってことで、オタクは先生に逆らいはしないが従ってるわけではなくて先生の価値観を無視して勝手にやりたいことをやるので、本質的にはヤンキーよりオタクのほうがタチが悪い」

(via otsune)

非線形な技術革新で世の中を騒がせるのはオタクなので質が悪いのは事実

(via daxanya1)

(via gkojax)

昔ポケモンのゲームデザイナーの人が「街ってつながってるものでこれまでのRPGみたいにフィールドに街がポンとあったりしないでしょう」的なことを言ってて、ああこの人東京しか知らないんだなと思った。
 関係者によると、韓国の出席者は、「サバの巻き網漁でもマグロがとれてしまうので、目標達成は難しい」と主張。 「マグロ漁は昼、サバ漁は夜の操業が一般的なので混じることはない」と日本側に矛盾点を指摘されると、答えに窮したという。
学校に通っていたころ、大人になったら何になりたいかを紙に書かされた。僕は「幸せになりたい」と書いた。すると教師から、「質問の意味がわかってない」と言われた。僕は、「そういうあなたは、人生の意味がわかってないんだ」と言った。
— John Lennon (via borcaro)

(via railroad10111)

たまに他社の営業さんに接待とかしていただくけど
「基本的にITさんは『早く帰れるのが一番の接待ですよね」と言ってて
「夕方に接待入れたんで、夜までやったことにしてご飯食べたら帰りましょう」ってセッティングしてくれたのは実にやり手だったな。。。
 「彼氏ともう8年つきあっているから、結婚せずに別れるなんて……」  
「10年務めた会社を、未来が暗くなったからといって、急にやめるのはもったいない」  
「そうとうカネを突っ込んだ。今さら逃げられない」  
こうした「過去」につぎ込んだコスト(これをサンクコストという)に囚われていると、未来を台なしにしてしまうことがあります。残念ながら、時間も、エネルギーも、お金も、一回つぎ込んだら戻ってくることはありません。  
過去は戻ってこない。  
大切なのは、「今・ここ」と「未来」。  
変えられるのは、「今・ここ」と「未来」。  
自分を幸せにしてくれるのは、「今・ここ」と「未来」。  
「今・ここ」と「未来」だけを見て、希望がないのだとしたら、キッパリ終りにして、逃げましょう。さらにズルズルと、サンクコストを積み増していくなんて、やめたほうがいい。ウェットな頭をドライにチェンジ。
「手品しますね。まず切ります」「派遣を?」「トランプを。次に選びます」「フレームワークを?」「トランプを。そして置きます」「マイルストーンを?」「トランプを! すると消えます!」「担当者が?」「トランプが! そして箱から現れます!」「デスマが?」「トランプが!
Twitter / hishidama (via mcsgsym)

(Source: gkojax, via gkojax)

そんなのね、最悪ですよ! いじめ社会を助長するだけです。そうじゃなくて、同じマンションに友達なんて一人もいないけど、一回友達とランチに行くのを我慢する値段で子供を預けられて、どこか旅行に行けるとかのほうが、全然良い社会だと僕は思うんです。クラウドソーシングをやるというのは、そういうことなんじゃないかと思うんです。

結局人間のほとんどというのは、5~6人のコミュニティーで、「宇野君がいないとだめだ」って言ってくれるだけで元気に生きていけるんですよ。ほとんどの人間がそうだと思う。そういう「承認」の問題と、食べていくことを、今までの社会は結びつけすぎていたと思うんですよ。

もちろん昔は結びつけていたほうがうまく回っていたし、共同体も維持できていたから、それなりの合理性があった。でも、今の社会の規模と複雑性を考えると、この二つは適度に離れていた方が良いんじゃないか。